借金が膨れ上がってしまったら債務整理の相談をしよう

男性と婦人

必要な書類

電卓を使用する人

借入先や取引状況を示す物

弁護士や司法書士に債務整理の相談をする時に必要なものは、借入がある金融機関がわかる一覧表です。契約書や借入の明細がわかるものがあればそれも用意します。契約書がない場合でも消費者金融のカードやクレジットカードをもっていけば、借入先がわかるので対処してもらえます。また取引履歴がわかるような通帳のコピーも必要です。通帳記帳をしておらず取引履歴がわからない場合には、銀行に申請すれば過去の取引履歴を発行してもらうことができます。闇金でお金を借りている場合には、契約書や借入明細がないところがほとんどなので、思い出せる限りで良いので取引に関しての記録を作成しておきます。債務整理の相談に行く時に今取引している金融機関の記録だけ用意する人もいますが、完済している場合でも過払い金が発生していることがあります。過去にお金を借りていたところがあれば、忘れずに一覧表に加えておきましょう。その他に身分を証明できるものや、契約をする時の為に印鑑も必要になります。債務整理で自己破産や個人再生を選ぶ時には、資産状況がわかる書類も持っていかなくてはいけません。毎月の収入がわかる給与明細や源泉徴収票、所有している不動産がわかる最新の登記簿謄本、生命保険証書や退職金支給額証明書が必要です。債務整理の相談はプライバシーが守られる部屋で行われるので、安心して借金の状況を話すことができます。無料で相談でき、依頼した場合の費用も分割で支払うことができます。

法律トラブルを解決

スーツの人

成田で信頼できる弁護士を探すには、事前の下調べが必要です。無料相談を利用して弁護士の人柄をチェックして、自分との相性を確かめてみましょう。市区町村役場や法テラスでも相談を受け付けているので、一度利用してみると良いでしょう。

法的なトラブルを解決

弁護士

法律に関わる相談や訴訟に関する作業をサポートする弁護士は、何らかのトラブルが起こった人の心強い味方となってくれます。埼玉にはいくつもの事務所があるので、探すのに苦労することはありませんが、依頼する際にはいくつか注意しておくポイントがあります。